つぶやき

個人的なブログです。コメントやトラックバックに関しての事などPROFILEに書いてありますのでお読み下さい。
<< 暑い | MAIN | ラテン語の世界―ローマが残した無限の遺産 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|- | | - | - |

アメリカの夜

アメリカの夜
アメリカの夜
阿部 和重 著
講談社 (2001/01)

著者は1994年の本作品で群像新人賞を受賞。本作品、単行本の刊行は同じく1994年7月。文庫化が2001年。


 インディヴィジュアル・プロジェクション、無情の世界、グランド・フィナーレは読んでいたので著者の本を読むのは四冊目。シンセミアは発売当初に上下ともに買ったにもかかわらず積んである。ハードカバーの本は文庫にくらべて持ち歩くのに不便なので後回しになりがち。
この本は文庫本なので、外出時の電車の中――わりと混雑しているときに、本を読むためにドア際の端のスペースをうまく確保して、本を親指と小指で開き、人差し指と中指、薬指でささえ、指をうまく使ってページをめくりながら読む。朝のラッシュ時に一部の人たちがやっている、あれ――で読んでいたにもかかわらず、とこどころに出てくるおもしろい叙述に吹き出しそうになったりもしながら読了。同じ電車に乗り合わせた人には少しあぶない人だと思われたかもしれない。


 上にあげた作品名の順番で読んできたので、作者の発表してきた順番と読んできた順番がメチャクチャなのが原因なのか、作風というか文体から受ける印象の違う。しかし、この作品も他の阿部和重の小説と同様に、ある種の安っぽさというかB級っぽさみたなものが感じられた。この作者はその点に関しては一環している感じがするのだがどうだろうか。その一環したある種の安っぽさは、この本を読んでいたときに、必死に吹き出すのを耐えて小刻みに息を震わせる自分の姿が、同じ電車に乗り合わせた人に見られたときに、もしかしたら少しあぶない、少し変わった人と思われたかもしれない、と感じるような分かりやすいイメージみたいな物に起因している感じるがする。


さてさて、積んであるプラスティック・ソウルとシンセミアどっちらから先に読むべきか・・・・・・。

|読書−小説 | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

|- | 12:48 | - | - |
COMMENT
コメントする









お願い:必ずPROFILE欄を読んでからトラックバックしてください
この記事のトラックバックURL
http://un-jardin-bot.jugem.jp/trackback/115
TRACKBACK

SELECTED ENTRIES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

OTHERS

人気ブログランキング【ブログの殿堂】
ブログランキング・にほんブログ村へ

みんなのブログポータル JUGEM